自分に合ったドレスシャツの選び方

どのようなドレスシャツを選べば良いのかわからないなら、いくつかあるポイントだけでも頭に入れておくと良いです。中でもサイズが重要で、ゆったりとしたものが好きだからと、大きめのドレスシャツを選ぶのは避けたいところです。なぜなら相手にだらしないといった印象を与えてしまうかもしれないからです。


理想的なのはジャストサイズのドレスシャツです。

首回りは、ジャケットを羽織っていても見える部分なので慎重に選びたいです。


目安としては、上までボタンを留めた場合、人差し指が入るかどうかです。
もう少し大き目が良いなら指二本を限界にしましょう。


具体的な数字で表すなら、首の周経よりも1.5から2センチほど大きいドレスシャツにしておくと良いです。

ドレスシャツの専門サイトのこちらです。

それからいわゆる「ゆき丈」も見逃してはいけません。



これは首の中心から肩までの長さと、肩から親指の付け根までの長さのことを指しています。

こちらもジャストサイズが望ましいのですが、洗濯をすると若干小さくなるのが一般的です。


そのため測ったサイズよりも3センチほど大きいものを選んでおくのが無難です。

そして意外と難しいのが色選びで、どれにするのかでかなり印象が違ってきます。


仕事に行くために、スーツと合わせるなら白にしておくと失敗が少ないです。
気をつけておきたい点は、中に肌着を着てしまうことです。

汗染みが気になるところです。



ただ、ドレスシャツは下着が変化したものなので、厳密にいえば肌着を着るのはマナー違反になるのです。