ドレスシャツのインナーも考えたい

ドレスシャツを着用する時にはインナーを着る人もいれば、そうではない人もいます。

ドレスシャツに対する期待が寄せられています。

好みでいいだろうと思う人もいますが、マナーのことを考えるとやはり迷ってしまうものです。



本来のマナーとして考えると、本場であるヨーロッパでは下着に分類されるので「下着の重ね着」になるので着ないのが正解だったりします。



日本の場合はじめじめとして湿度も高くなりがちですし、ドレスシャツを素肌の上から着用すると汗や皮脂などで汚れやすくて気になるという意見も多いですから、むしろ着た方が綺麗に着こなせるという事で推奨されています。
ボタンのすき間からお腹が見えてしまうこともあれば、半袖のシャツで脇がむき出しになるなど、相手に不快感を与える事もありますので、インナーも上手に使いこなしてシャツを着るようにした方がスマートなのです。
ドレスシャツを綺麗に見せながらインナー選びをする場合には、まず透けないようにすることを心がけましょう。

基本的にはホワイトが定番ですが、肌の色に近いようにベージュやライトグレーなども増えていて人気があります。
私服で着用する時あれば柄やロゴも入っていて構いませんが、ビジネスシーンでは無地のものを選んでおくとマナー違反にもならないので安心です。

半袖や長袖、タンクトップなどいろいろありますから、季節やどんなシーンで使うのかも考慮してみていきましょう。

すっきりとインナーも活用しながらドレスシャツのスタイルを楽しんで下さい。