ドレスシャツを腕まくりしていい?

ドレスシャツを着て仕事をしていると、冷房の効いた涼しいオフィスならともかく外出中などは暑くて腕まくりをしたくなる瞬間があるでしょう。ふと腕をまくってみて楽なのはよいけれども、マナーとしてはどうなのだろうとまた着直したりする事もあるかもしれません。

ファッションとして考えると、着崩していることにもなるのでビジネスやフォーマルな場ではマナー違反とされるので、腕まくりはしないようにしましょう。

ドレスシャツの口コミ情報をまとめました。

日常的な生活の中や、通常の仕事の際に袖やヒジを汚さないようにと思ってドレスシャツを腕まくりする時にも、何気なくやっている事も多いですが、幾つか綺麗な見せ方もあるので気にかけてみて下さい。


2回まくると体格によっても差はありますが、肘の下ぐらいまでになります。


3回まくると腕もしっかりと露出してくる格好になるので、よりスポーティーで男らしく感じられますし、何より邪魔にならない機能性重視の腕まくりとも言えます。

もっとドレスシャツをお洒落に腕まくりをしたいという時には、マスターロールとミラノロールなどもあります。


マスターロールはカフスの裏地を見えるようにした方法です。



カフスの表地と裏地が違うとよりお洒落に見えます。



ミラノロールはカフス全体を見せるようにしながら腕まくりをするので、華やかで色気を感じさせてくれます。作業性だけでなく周からの見え方も気にしながらドレスシャツの腕まくりも工夫してみると着こなしの幅が広がります。